防水工事と荷重対策はしっかりと行なうことが大切

屋上庭園では荷重対策が必要です(30代/建築士)

屋上庭園を実現させるためには、多くの問題を解決していく必要があります。防水工事も屋上庭園を実現させる時の問題の一つですが、防水工事の他にも解決しなければいけない問題は多いです。

木の根っこには注意しなくてはいけません(40代/防水工事業者)

屋上庭園を実現するためには、防水工事はとても大切なものとなっています。防水工事は大切ですが、この防水工事の他にも荷重対策もとても大切なことです。屋上庭園に樹木を植えることを考える場合は、荷重対策はかかせません。また雪が大量に積もる地域も、この荷重対策をしっかりとする必要があるといえます。荷重対策をしなければ、天井が重さに耐えることができず、大惨事になることもあるので注意しましょう。

安く屋上庭園を実現するコツ

屋上庭園に樹木を植える人もいます。この樹木に関してですが、樹木の根っこには注意を払う必要があるでしょう。なぜなら、この樹木の根っこは防水層を突き破り、家の躯体にまで根を伸ばすことがあるからです。樹木の根っこの進行を防ぐためには、防根シートを張るなどの対策をしましょう。根っこが躯体まで伸びないような対策さえしっかりと行なえれば、樹木を植える際の心配もなくなります。

助成金の申請をサポートしてくれる防水工事業者もある

屋上庭園を計画している場合は、助成金を受け取りましょう。助成金を受け取ることで屋上庭園の費用を安く済ませることができます。

防水工事を行なってくれる業者には、屋上庭園のデザインや防水工事の他にも助成金の申請をサポートしてくれる業者もあります。助成金を受けるためには、様々な手続きが必要となります。しかし防水工事業者がサポートしてくれる場合は、その面倒な手続きを1から10まですべてやる必要はありません。

TOPボタン